PolkaDotについて簡単に解説

PolkaDOT銘柄

さて、しいたけです。

前回の記事でアルトコインのカテゴリー分けについて書きましたので、少しカテゴリーごとの銘柄紹介などをしていきたいと思います。

まずはPolkaDot銘柄を紹介していきたいのですが、その前にPolkaDotってなんじゃらほい?という方のためにPolkaDotについて簡単に解説していきます。

長くなるので面倒な方はまとめだけでも見てください。

では早速……

Polkadotのテクノロジーの詳細

Polkadotは、Web3 Foundationによって設立されたオープンソースプロジェクトです。

大きな特徴としてはシャードブロックチェーンであるということです。

いくつかの並列したプロックチェーンをリレーチェーンで繋げるというものですが、もう少し詳しく解説していくために公式ページの引用をしながら1つずつ解説します。

下の画像を見てください。(元画像は公式ページより引用)

真の相互運用性

Polkadotは、トークンだけでなく、あらゆるタイプのデータまたはアセットのクロスブロックチェーン転送を可能にします。Polkadotに接続すると、Polkadotネットワーク内のさまざまなブロックチェーンと相互運用することができます。

Polkadot公式ページ

DOTではクロスチェーンメッセージパッシング(XCMP)を使ってメッセージやスマコンデータのやり取りが可能です。

XCMPの例

パラチェーンAに存在するスマートコントラクトは、メッセージをパラチェーンBにルーティングします。この場合、別のスマートコントラクトが呼び出され、そのチェーン内の一部のアセットが転送されます。

チャーリーはパラチェーンAでスマートコントラクトを実行します。これにより、パラチェーンBでスマートコントラクトの宛先に対する新しいクロスチェーンメッセージが開始されます。

パラチェーンAのコレーターノードは、この新しいクロスチェーンメッセージをadestinationおよびaとともにアウトバウンドメッセージキューに配置しますtimestamp

パラチェーンBのコレーターノードは、他のすべてのコレーターノードに定期的にpingを送信して、新しいメッセージを要求します(destinationフィールドによるフィルタリング)。パラチェーンBのコレーターが次のpingを実行すると、パラチェーンAでこの新しいメッセージが表示され、次のブロックで処理するために独自のインバウンドキューに追加されます。

パラチェーンAのバリデーターもアウトバウンドキューを読み取り、メッセージを認識します。パラチェーンBのバリデーターも同じことをします。これは、メッセージの送信が行われたことを確認できるようにするためです。

パラチェーンBのコレーターがチェーン内の次のブロックを構築しているとき、インバウンドキュー内の新しいメッセージと、検出/受信した可能性のある他のメッセージを処理します。

処理中に、メッセージはパラチェーンBでスマートコントラクトを実行し、意図したとおりにアセットの転送を完了します。

コレーターはこのブロックをバリデーターに渡します。バリデーター自体がこのメッセージが処理されたことを確認します。メッセージが処理され、ブロックの他のすべての側面が有効である場合、バリデーターはパラチェーンBのこのブロックをリレーチェーンに含めます。

経済的及びトランザクションのスケーラビリティ

Polkadotは、バリデーターの共通セットが複数のブロックチェーンを保護できるようにすることで、前例のない経済的スケーラビリティを提供します。

Polkadotは、トランザクションを複数の並列ブロックチェーンに分散することにより、トランザクションのスケーラビリティを提供します。

トランザクションを全てDOTトランザクションに記録するのではなく、個々のブロックチェーンに分散しリレーチェーンで全てを繋ぐ(XCMPのデータはリレーチェーンには記録されず、データの入力と出力の証明だけが記録されます。)ことによってスケーラビリティを向上させています。

簡単なブロックチェーンイノベーション

基板フレームワークを使用して数分でカスタムブロックチェーンを作成します。

チェーンをPolkadotに接続し、初日から相互運用性とセキュリティを手に入れましょう。

この開発の容易さは、Polkadotのネットワークの成長に役立ちます。

基板には、ブロックチェーンを構築するために必要なすべてのものが付属しています。

Substrateのパレットを使用して、必要なものを簡単に作成したり、独自のカスタムロジックを作成したりできます。

いずれにせよ、Substrateはブロックチェーンの構築をこれまでになく速く、簡単に、そして安全にします。

DOTにはわずか数分でカスタムブロックチェーンを構築するためのツールがあります。

フォークレスで将来性があります

Polkadotは、ハードフォークなしでアップグレードして、新機能を統合したり、バグを修正したりできます。

この機能により、Polkadotは変更に簡単に適応し、より優れたテクノロジーが利用可能になったときにそれ自体をアップグレードできます。

Polkadotでは、任意のパラチェーンでリレーチェーン自体をオンチェーンプロセスでアップグレードできます。

Polkadotの状態遷移関数は、アップグレードを実行するための単なるWasm BLOBであるため(ガバナンスシステムによって承認された後)、バリデーターが検証するコードBLOBを切り替えることを意味します。

DOTでは投票による承認がなければアップグレードを含めた検証規則の変更はできませんが、無駄なフォークをする必要もなくより良いチェーンにすることができるのはガバナンストークンの大きな強みです。

すべての人のセキュリティ

Polkadotの新しいデータの可用性と有効性のスキームにより、チェーンは意味のある方法で相互に対話できます。

チェーンはガバナンスにおいて独立したままですが、セキュリティにおいては団結しています。

共有セキュリティとは、パラチェーンスロットをリースすることによってポルカドットリレーチェーンに接続されているすべてのパラチェーンが、リレーチェーンバリデーターによって提供される経済的セキュリティの恩恵を受けることを意味します。

DOTではパラチェーンに参加することにより、独自のセキュリティー開発をしなくても高度なセキュリティーの恩恵を受けられます。

ユーザー主導のネットワークガバナンス

Polkadotには、すべての利害関係者が発言権を持つ洗練されたガバナンスシステムがあります。

ネットワークへのアップグレードはチェーン上で調整され、自律的に実行され、Polkadotの開発がコミュニティの価値を反映し、停滞を回避することを保証します。

1部のプロジェクトではトークンのBURNやフォーク、ロックするなど運営が勝手に決めて実行していますがDOTでは全てのアップグレードは投票により決められます。

コミュニティやバリデータ、パラチェーンなどの全ての利害関係者によって方向性が決まります。

さて、ここまでDOTのテクノロジーについて書きましたが、次は実際にDOTがどのように使われていくのかを書いていきます。

DOTの用途は何ですか?

DOTは、Polkadotの3つの主要な機能を提供します。

  • ① ネットワークのガバナンスに使用され、
  • ② ネットワークの運用のために賭けられる、
  • ③ チェーンをパラチェーンとしてPolkadotに接続するために結合されます。

ガバナンスのためのDOT

DOTの最初の機能は、プラットフォームのガバナンスを制御する権利を保有者に与えることです。

ガバナンスメカニズムに含まれるいくつかの機能には、ネットワークの料金の決定、パラチェーンの追加または削除、およびPolkadotプラットフォームのアップグレードや修正などの例外的なイベントが含まれます。

Polkadotは、DOTの保有者がガバナンスに参加できるようにします。

コンセンサスのためのDOT

DOTは、Polkadotを支えるコンセンサスメカニズムを促進するために使用されます。

プラットフォームが機能し、パラチェーン全体で有効なトランザクションを実行できるようにするために、PolkadotはDOTの所有者が積極的な役割を果たすことに依存します。

参加者は、これらの機能を実行するために(ステーキングを介して)DOTを危険にさらします。

DOTのステーキングは、DOTを大幅に削減することで、ネットワークによって罰せられる悪意のある参加者の意欲をそぐものとして機能します。

ネットワークに参加するために必要なDOTは、実行されているアクティビティ、DOTが賭けられる期間、および賭けられたDOTの総数によって異なります。

ボンディング用DOT

DOTには、ネットワークに新しいパラチェーンを追加するために、一定期間結合する機能があります。

DOTは結合期間中にロックされ、結合の期間が経過してパラチェーンが削除された後、結合したアカウントに解放されます。

では次にDOTでの重要なリレーチェーン、パラチェーン、共有セキュリティーについて書きます。

リレーチェーン

リレーチェーンはPolkadotの中心的なチェーンです。

Polkadotのすべてのバリデーターは、DOTのリレーチェーンに固定され、リレーチェーンを検証します。

リレーチェーンは、ガバナンスメカニズム、パラチェーンオークション、およびNPoSへの参加と対話する方法を含む比較的少数のトランザクションタイプで構成されています。リレーチェーンの機能は意図的に最小限に抑えられています。

たとえば、スマートコントラクトはサポートされていません。主な責任は、パラチェーンを含むシステム全体を調整することです。

その他の特定の作業は、実装と機能が異なるパラチェーンに委任されます。

パラチェーンとパラスレッド

Polkadotネットワーク全体で行われる計算のほとんどは、さまざまなユースケースを処理する特定のパラチェーン実装に委任されます。

Polkadotは、パラチェーンに割り当てられたバリデーターによって検証できる証明を生成できなければならないことを除いて、パラチェーンが実行できることについて制約を課していません。

この証明は、パラチェーンの状態遷移を検証します。

一部のパラチェーンは特定のアプリケーションに固有である場合もあれば、スマートコントラクト、プライバシー、スケーラビリティなどの特定の機能に焦点を当てている場合もあります。

さらに、本質的にブロックチェーンである必要はない実験的なアーキテクチャである場合もあります。

リレーチェーンへの接続を維持するには、パラチェーンがパラチェーンスロットオークションに勝って、特定の期間スロットを確保する必要があり ます。

パラスレッドは接続されたままではありませんが、個々のブロックのオークションに勝つ必要があります。したがって、パラスレッドとパラチェーンの間には経済的な違いがあります。

パラチェーンは、リレーチェーンに接続する権利のために、大規模な前払い金を結合する必要があります。

パラスレッドはブロックごとに支払います。パラスレッドはパラチェーンになることができ、その逆も可能です。

共有セキュリティ

Polkadotリレーチェーンに接続されたパラチェーンはすべて、リレーチェーンのセキュリティを共有します。

Polkadotは、リレーチェーンと接続されているすべてのパラチェーンの間で状態を共有しています。

何らかの理由でリレーチェーンを元に戻す必要がある場合は、すべてのパラチェーンも元に戻ります。

これは、システム全体の有効性を維持し、個々の部分が破損しないようにするためです。

共有状態により、Polkadotパラチェーンを使用する場合の信頼の仮定は、リレーチェーンバリデーターセットの仮定のみであり、他の仮定はありません。

リレーチェーンに設定されたバリデーターは、それを裏付けるために大量の賭け金を置いて安全であることが期待されるため、パラチェーンがこのセキュリティの恩恵を受けることができます。

では最後にXCMPや共有セキュリティーの恩恵を受けるために必要なパラチェーンになるためのスロットオークションについて書いていきます。

パラチェーンスロットオークション

パラチェーンスロットはPolkadotの希少なリソースであり、限られた量しか利用できません。

パラチェーンが増加するにつれて、数か月ごとにロックが解除されるスロットが数個しかない場合があります。

目標は、最終的にPolkadotで100個のパラチェーンスロットを使用できるようにすることです(これらはパラチェーンとパラスレッドプールに分割されます)。

パラチェーンがすべてのリレーチェーンブロックでブロックの包含を保証したい場合は、パラチェーンスロットを取得する必要があります。

Polkadotのパラチェーンスロットは、ブロックチェーンで安全になるようにわずかに変更された許可されていないキャンドルオークションに従って販売され ます。

Polkadotでの使用方法

Polkadotは、プロトコルの他の場所でも使用されているVRFに基づくランダムビーコンを使用します。

VRFはランダム性のベースを提供し、オークションの「終了時間」を遡及的に決定します。

アカウントが入札するとき、スロット内の利用可能な期間または範囲のいずれかに入札することができます。

ただし、(同じSTFを持つ)パラチェーンが入札する場合、そのパラチェーンは、すでに占有している期間または範囲で継続的に入札する必要があります。

重複するスロットに入札することはできず(同時に同じパラチェーンの倍数はありません)、間にギャップがある場合、将来のスロットに入札することはできません。

パラチェーンがスロット期間の終了に達した後に再起動された場合、新しいジェネシス(すべての古い状態のスナップショットである可能性があります)から再度開始する必要があり、外部アカウントから入札する必要があります。

スロット期間は2年に制限され、6か月の期間に分割されます。

パラチェーンは、スロット期間の任意の連続した範囲でスロットをリースできます。パラチェーンは、時間の経過とともに複数のスロットをリースする場合があります。

つまり、隣接するスロットをリースするだけで、2年間のスロット期間を超えてPolkadotにリースを延長できます。

まとめ

ここまでいろいろと書いてきましたが、ほぼ公式ページからの引用です。

私は理解するのに時間がかかりましたが、もっと理解を深めたい方は、私が見ていたPolkadotWikiPolkadot公式ページを見てください。

まとめると

簡単にブロックチェーンを作成するツールがあります。

他のチェーンとの相互運用のためのXCMPや、強固なセキュリティーを継続的に利用するためにはパラチェーンになる必要があります(パラスレッドでブロックごとにバラスロットをレンタルすることにより恩恵を受けることも可能)。

限られた数しかないパラチェーンになるためには、パラスロットオークションに参加してパラスロットを勝ち取る必要があります。(最大2年)

パラスロットオークションではDOTを前払いしなければならないため、市場からDOTを買い上げる必要があります。

パラチェーン期間が終了するとDOTは返還されますが、今後パラスロットが増えていくためDOTの成長によりパラチェーン参加者が増える可能性があります。

このあたりが私がDOTを有望だと思う理由です。

今後、DOT銘柄の紹介記事を書いていくために今回はDOTについて書きました。

次の記事では、私が有望だと思っているDOT銘柄を紹介していきます。

では最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました